笑顔の夫婦と白い薬の瓶
  • ホーム
  • ジェネリック医薬品は偽物という訳ではない

ジェネリック医薬品は偽物という訳ではない

幸せなカップル

ジェネリック医薬品は値段が安いので、「効果のない偽物ものではないのか」と考える人がいます。
しかし、実際はジェネリック医薬品は偽物という訳ではないのです。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分が同じ量含まれています。
そして、先発医薬品と同じように安全性や安定性についての試験を行い、同じ基準に合っているものも多くあります。
そこまでの試験をしていない場合でも、医薬品として世の中に出るに際して、きちんと厚生労働省の認可をとるだけのデータを揃える試験は行います。
最近では薬に含まれている添加物まで同じにしたり、全く同じお薬をジェネリック医薬品メーカーが発売することもあります。
さらに、先発医薬品にはない良さを出すことができるのもジェネリック医薬品の強みです。
先発医薬品を飲んでいて、「錠剤が大きくて飲みにくい」「味が美味しくない」「お薬の取り扱いが悪い」などの不具合があるときに、その意見を汲み取って開発することができるからです。
従って、偽物というよりは、先発医薬品より価格や安かったり、改良されている本物と言っても過言ではありません。
ジェネリック医薬品のことを正しく理解すれば、少なくとも偽物であるとは考えられません。

ED治療薬のバイアグラは先発薬として知名度が高く人気ですが、そのジェネリック医薬品がバイアグラに劣っているというわけではありません。
例えばカベルタと呼ばれるジェネリック医薬品は1錠辺りの価格がバイアグラの約半分となっており、コストパフォーマンスの面で言えば2倍近く優れていると言えます。
成分もシルデナフィルが配合されている事からも同等の効果を得ることができるので、ジェネリック医薬品のカベルタをチェックしてみましょう。

サイト内検索
人気記事一覧